【舩後靖彦議員の例で考える「自力と救済範囲」】へのご意見募集

レス表示:新着順 古い順
1黒豆時計 2019/09/05 18:26 電話3PC

https://www.youtube.com/watch?v=_CmNPJ215Rg
れいわ新選組、舩後靖彦氏が比例で当選

前回までのお話しで、純度100%の信心がない黒豆でも「祈ること」は重要だということで、話がまとまっていたかと思います。
今回のテーマは「自力とは具体的に何か」です。
舩後靖彦参議院議員はALSであり、身体のなかで動かすことができるのは目だけです。
声は出ない、手も合わせられない舩後氏が可能な「自力」とは何なのか?を考えてみたいと思います。

次に身体障碍者の例を拡張して、「知的・精神障碍者が輪廻から外れられる方法」を考えながら、救済範囲を探っていきたいと思います。

※お気軽にご意見をお寄せください。

*前 #
次の頁(返信数:15)
レンチスレッド設定